HOME

とある整形外科

“あれは産後の話ですが、妊娠で体重が+20キロ、出産で微弱陣痛で長時間かかった私は、腰に来てました。
痛いです。はい。
それでも産まれた我が子は抱っこしなくてはいけないし、これは早く治さなくては、と母のかかりつけの整形外科に行きました。
窓口で「いつから痛いんですか?」と聞かれたので、
「出産してから痛いので…」と答えたら
「だから何月何日?あなたが出産したなんか知りません!」
いきなり怒られました。
確かにそうだろうけど、産後のデリケートな時期ですよ。
母乳保育だったから母にも子守に付いて来て貰ってて、その状況見ていきなり怒る受付のお姉さんが訳が分かりませんよ。
身体を治すだけが医者ですか?
例え受付のお姉さんだって医療にかかわる一人として、メンタルも考えた対応ってものがあるんじゃないんですか?
言われた直後はまだぼやっとしてる時だったので、そうそう思いませんでしたが、後々なんで病院で嫌な気持ちにさせられ無くてはならないのかという事に腹が立ちました。それ以来その整形外科には行ってません。腰痛ベルトを出されたのでもうそれでいいし、と思って。薬も飲める状態ではなかったし。それまで整形外科に行ったことが無かったので、整形外科に対しての最初のイメージはこれでしばらく固まっていました。”

MENU

Copyright (C) 埼玉県さいたま市の看護師の求人まとめ@転職・派遣・パート All Rights Reserved.