HOME

外科と内科は、どっち大変なのか。

“自分の周りには、偶然にも医療関係者が多いのですが、やはり仕事内容は本当に大変なようです。

治療では、内臓等の病気を治療する内科と、怪我等を治療する外科に大きく分けられると思います。

通常、素人目線で考えると、怪我等を治療する外科は、大量の血等の視覚的に目をそむけたくなる場面に遭遇する機会が多いので、内科の方が良いと思っていました。

しかし、実際の医療関係者に話を聞くと、全員が口をそろえて内科よりも外科の方が良いと回答しました。

何でだろうと不思議に思いましたが、外科は、最終的には良くなっていく患者さんが多い所で、内科は、どんどん悪く悪くなっていき、最終的に亡くなる患者さんが多い所だからそうです。

やはり、看護士として、自分の意思で働く場所を決めたとはいえ、人の死と向き合うのは、何回経験しても慣れるものではないようです。

特に、入院した時点で、もう覚悟しなければならない状態であれば、最初から腹をくくることもできますが、徐々に体調が悪化して苦しんでいる姿を目にして、最終的に亡くなってしまうケースは、本当に耐え難い思いのようです。”

MENU

Copyright (C) 埼玉県さいたま市の看護師の求人まとめ@転職・派遣・パート All Rights Reserved.